新規事業の展開について

当社は、VR動画制作の事業を強化するため専門技術を有する人材の採用を行いました。

今後も業務の拡大を図るうえで、当領域での経験者を積極的に採用していく予定でございます。

VR事業は今後も成長分野の一つとして当社は考えており、人的資本経済的資本を積極的に投入していきます。

 

LPの平均的コンバージョン(CVR)当社の2年間の顧客データから

当社が受託しているLP運営のコンバージョンレート(CVR)の集計が出てきました。

 

さっそく業界・商材ごとの平均コンバージョン率を比較してみましょう。下表をご覧ください。

(2018年、2019年の平均)

業種・業界 平均的コンバージョン率
コンサルティング ファイナンス 6-9%
メディア 出版 3-12%
教育 医療 6-7%
ソフトウエア クラウド 9%
ハードウエア 技術機器 4%
製造業 3%
旅行業 サービス業 2%
EC小売 1-2%
ニュースコンテンツ 2-4%

母集団(顧客数)が異なりますのでデータとしての傾向のみ把握できるとの考えです。

昨年の移動平均(2017年、2018年の平均)と比較しても大きな傾向は変わりませんでした。

特にメディア出版者様のデータでは新

規受託しましたお客様の高い率が際立ちました。

旅行業は4社からのデータですが昨年より大きく低下しました。コロナウィルスの影響が大きかったのでしょう。

EC小売は年後半高まりを見せましたが、前半は昨年より率を落とした結果となっております。

昨年と顧客層は大きく変わりありません。

 

サイトのリニューアル 正しいリライト戦略

内部SEOは、記事(以下、ここではコンテンツという)の質を高めることが最善であること。そのために、何をすればいいのか。

コンテンツ改善を本気で取り組めば、検索エンジンからの流入を大きく増やすことができる。

これが当社の基本的な考え、哲学です。

しかし、多くのお客様が、コンテンツを改善しても、「今のGoogleのアルゴリズムでダウングレードされてしまった」という声を聞きます。

その通りなんですね、技術的なSEO施策の実行とのコンビネーションが重要なんです。

ですので、コンテンツだけでは十分ではないのは正しいのです。

しかし、この議論は、質の高いコンテンツが必須で、それがなければ、いくら技術的SEO施策を実行しても効果の追及には限界があるということの逆説的な言及なんですね。

では、2つの割合はどうなんでしょうか? ともよく聞かれます。

必ず、コンサルとする際に伝えるのは、 よく、英語圏でのコンサルタントが使う言葉、どんな産業でも言われる言葉、stuck in mediocrity(中庸に陥る)だけは避けましょう!ということです。

これは、平凡な内容のコンテンツをいくら量産しても、中庸なサイトで終わってしまうということです。

これは多くのサイトが陥ってしまう罠です。

そして、よく、コンテンツのリライトの依頼が来るのですが、これがこれで問題なんですね。

実際の効果的な コンテンツの見直し編集をよく理解していないサイト運営者が陥る、二番目の罠、ラットレース(ハツカネズミの歯車)から抜け出せず、時間と費用だけが飛んでいく結果ですね。

パッチワークで、このコンテンツのリライト依頼、そして、このコンテンツは、ほかの人にリライトを依頼、そうなると、結果は一貫したサイトの持つコンセプトが見えなくなるんですね。コンテンツの書き方が各コンテンツで一致していないので、だれから見ても、違和感満載のサイトになってしまう罠です。

「サイトに書かれているコンテンツをリライトし、たくさん作り、技術的SEO施策を実行する」のと比べ、「徹底的に一貫したコンセプトに従って高質コンテンツをたとえ数記事でも掲載する」方が高い効果を生み出すことができることを見落としているんですね。

よく言うのが、感動を呼ぶ映画を1つ作るようにコンテンツを生み出すことに時間と費用をかけてくださいと。そうすれば、SEOで上位表示は夢ではないのです。

または、売れる本を1冊発行するのと、10冊売れない本を出版する。同じ時間をかけるならば、前者であるべきです。次の本を楽しみにする人やファンが増えるからです。

当社は、100社(者)以上のコンテンツ作成のコンサルタント契約の経験をもとに、有機的なサイトリニューアル方法を把握し、サービスを提供し、1年後には独り立ちしていくサイト運営者を多く見ています。

それは、再現性ある運営方法からです。

1.内部SEOで検索流入は五倍にも十倍にもなることを経験する

繰り返し言いますが、1つのコンテンツにお金と時間を費やしてください。いくつものコンテンツのリライトを施すのならばの話です。

レジャー関係のWEBマガジンを運営したいというお客様のコンサルタントをした結果です。この運営者はすでに400以上のコンテンツをアップしています。各コンテンツは単なる紹介コンテンツ、わざわざ、このサイトに訪れる意味が正直、情報をとるだけ、サイト滞留率もマガジンを目指すには、長くて1-2分。これでは、他のサイト中に埋もれてしまうのは火を見るより明らかです。

内部SEOを開始してわずか、3か月で10倍のpv数を達成しました。400コンテンツの中で、質の高いレベルのコンテンツの中から10コンテンツを選び出し、リライトをかけました。そのリライトしたコンテンツがこのサイトのpv数の99.8%を占めるに至ったのです。このサイト運営者は当初は、400コンテンツのすべてをリライトする暴挙にでようとしていたのです。

いち早く、そんなことをしても効果がないということ説いて止めました。

1つのコンテンツが感動を呼べば、たくさんのアクセスを集めることができた事例です。

Googleの理念を確認!

検索エンジンの仕組みを少しでも勉強しましょう!

キーワードを意識したコンテンツプラン構成をプランニングする!

感動するコンテンツを1つ作成する!。

については、追ってお話しします。

リンク獲得+コンテンツ

当社SEO対策の基本コンセプト

検索エンジン双方に有益なコンテンツ作成まで行います

キーワード把握

貴社サービスに関連してユーザーが多く検索するキーワードを抽出

キーワード調査

キーワード選定

抽出したキーワードから、獲得していくべきキーワードを選定

キーワード調査



 

キーワード配置

選定キーワードにマッチしたコンテンツをサイト内の適切な箇所に配置

サイト構造最適化

 

内部施策

Googleのガイドラインに基づきチューニング

仮定にマッチしたコーディング


 

キーワード強化

外部リンクやコンテンツの追加等で対象キーワードの評価向上評価の向上

 
 

VRの撮影経験者募集

当社はVR撮影スタッフを若干名募集しております。経験のある方はポートフォリオをお送りいただき、未経験者はその他の撮影経験等をご記入いただけましたら、追ってご連絡いたします。

特に、介護施設の事業者様から撮影、講義の依頼が多くいただいております。

関東、北海道の在住者を募集いたしております。