株式会社ファーストメディア

当社は2003年に創業いたしました。

当社は、ダイレクトメールを中心としたビジネスからスタートし、時代の変化とともに、その業容も変化してきました。現在は、広い意味での広報活動という領域の中で、IT技術の変化とその社会への浸透につれWEBメディアでの事業に軸足を移しております。

2020年からのコロナ禍でダイレクトメールビジネスは完全に需要が消滅しました。したがって2020年夏からダイレクトメールビジネスから完全撤退し、物販、ECに着手しました。

また、当社の強みは、WEB系のシステム開発からその運用までの技術を持った人材がそろっていることです。そのことから、トータルでのサポートを可能としております。また、5Gの到来による動画制作、その編集、さらには、VR、AR撮影などの領域にも事業の焦点をあてております。

おかげさまで、現在まで個人企業、中小企業様から大手企業様まで、そして、様々な業種様からもビジネスをともにさせていただいております。

2020年からは、コロナ禍で影響を受けたビジネス領域から撤退し、経営陣の刷新を図りながら新たな事業へまい進し、若い活力ある会社へと変貌を遂げようとしております。

引き続きのご愛顧をお願いいたします。

Amazon スポンサードブランド広告について

世界最大級ともいえるECモールのAmazonには、数多くの企業やネットショップが商品を出品しています。

しかしAmazonの集客力を活用して販売する事ができるとはいえ、膨大な商品の中から自社商品を見つけてもらうのは非常に困難です。

Amazonに新規出品する際には特に、AmazonスポンサープロダクトをはじめとするAmazon広告の活用が必須となっています。

そこで、Amazonで出稿することの出来る広告である「Amazonスポンサーブランド広告」を利用し、消費者に商品を認知してもらう必要があるでしょう。

この広告を利用すると、自社のブランドページへユーザーを誘導することができます。

ブランドとして訴求することができるので、ブランド認知度の向上にも繋がります。

Amazonで広告を出稿すればそれだけでも、自社商品の売り上げを拡大する事ができるはずです。

こちらでは、Amazonスポンサーブランド広告の特徴と活用方法について詳しく解説していきます。

これからAmazonで自社ブランド製品を出品していきたい方や、広告運用を考えている方は是非参考にしてください。

Amazon広告運用代行・代理店サービス

Amazonスポンサーブランド広告とは?

Amazonスポンサーブランド広告とは、最大三つの商品に焦点をあて、自社ブランドロゴと共に商品を検索ページ上部に表示する事ができる広告です。

実際に検索結果画面を開いたとき、下記の場所がスポンサーブランド広告の表示場所となっています。

Amazonスポンサーブランド広告を活用すれば、ブランドと商品ラインナップの認知度を高めることが可能です。

なお、スポンサーブランド広告はスポンサープロダクト広告よりも上記に表示されるようになっています。

Amazonスポンサーブランド広告を利用するには、まず「Amazonブランド登録」に登録していなければなりません。

ブランド化されていない商品は広告配信する事ができないので注意しましょう。

Amazonスポンサーブランド広告の特徴

Amazonにはスポンサーブランド広告以外にも、スポンサープロダクト広告とスポンサーディスプレイ広告があります。

それらとの違いを踏まえた上で、Amazonスポンサーブランド広告の特徴について解説します。

  • 一日あたりの広告費を設定する事ができる
  • 自社ストアページに誘導する事ができる

一日あたりの広告費を設定する事ができる

スポンサーブランド広告は、ワンクリックにつき広告費がかかる仕組みになっています。

しかしキャンペーン毎に一日の広告費を設定することができるので、莫大な広告費用がかかってしまうという事もありません。

自社ストアページに誘導する事ができる

スポンサーブランド広告では、商品と共に自社ブランドのアイコンを表示させることが可能です。

また、自社ブランドのアイコンをクリックした場合、自社ストアページへと誘導する事ができます。

ストアページに誘導できれば、自社ブランドの魅力を存分に伝える事ができるでしょう。

当社のブランド戦略は Amazon.co.jp: Unigrand となります。

Amazonスポンサーブランド広告の設定方法

Amazonスポンサーブランド広告を配信するためには、まずキャンペーンの設定が必要です。

Amazonセラーセントラル>広告>広告キャンペーンマネージャー>キャンペーンを作成する>スポンサーブランド広告

の手順でキャンペーンを作成できます。

なお、キャンペーン作成には以下の4つの設定が必須です。

  • キャンペーン名
  • 開始日 / 終了日 (広告が配信される期間)
  • 1日の予算 (1日に消化する広告予算の上限値)
  • ターゲティング (キーワードによるターゲティング)

上記についてしっかりと決めた上で、Amazonスポンサーブランド広告を配信するようにしましょう。

Amazonスポンサーブランド広告を最適化するためのコツ

Amazonスポンサーブランド広告は、Amazon内で商品検索を行ったときに一番目立つ位置に表示されるため、非常に高い効果を期待できます。

しかし、キャンペーンの設定次第ではせっかくの広告効果を十分に発揮する事ができない場合があります。

そこでここからは、Amazonスポンサーブランド広告を最適化するために必要な事について詳しく解説します。

  1. キーワード毎に異なるキャンペーンを設定する
  2. ターゲットを明確に絞り込む
  3. キーワードの除外設定を行う
  4. キャンペーンの関連性を高める
  5. 広告配信実績を分析する
  6. キーワードのマッチタイプ
  7. 在庫を切らさない

キーワード毎に異なるキャンペーンを設定する

キーワード戦略に力を注ぐ事はもちろん重要ですが、戦略毎に異なるキャンペーンを設定する事が最適化のためにより重要となります。

キーワード毎に異なるキャンペーンを設定する事で、各キーワードに対する効果がどれくらい出ているかも明確になります。

これは、キーワードに対する広告費用の増減に関して適正な判断を下すためにも必要なデータです。

また、色々なカテゴリーの商品を広告配信したい場合はカテゴリー毎にキャンペーンを作成するのが有効です。

その際に各広告のキーワードは、ターゲットとするカテゴリーに関連するキーワードにする必要があります。

競合他社のブランド名を含むキーワードをターゲットに設定する場合はこれを異なるキャンペーンに分ける事で、

競合他社に関連した検索の中からどれだけ自分のストアに呼び込むことが出来ているかを知る事ができるでしょう。

ターゲットを明確に絞り込む

広告配信を行う上で最も重要となるのは、ターゲットを明確に絞り込むことです。

そしてさらに、消費者が求めている商品との関連性を高めることが重要です。

多様性ではなく特異性を心がけて広告配信を行い、消費者にインパクトを与えることでより惹きつける事ができます。

ブランドや商品を積極的に検索しているユーザーを引き付けるためにも、広告配信するターゲットを明確にしましょう。

なお、スポンサーブランド広告には「キーワードターゲティング」と「商品ターゲティング」という2つのターゲティングオプションがあります。

  • キーワードターゲティング
    商品と関連のあるキーワードを選択して、カスタマーの検索結果や商品詳細ページに商品を表示する事ができる
  • 商品ターゲティング商品に類似した特定の商品、カテゴリー、ブランド、その他を表示することができる

より多くのユーザーにアピールすためにも、両方のオプションをうまく使い分ける事が大切です。

キーワードの除外設定を行う

Amazonスポンサーブランド広告ではキーワードの除外設定を行う事で、コンバーションに繋がらないようなキーワードで広告費用が発生するのを防ぐ事ができます。

キーワード毎のコンバーションなどのパフォーマンスは、管理画面の広告レポートから確認する事が可能です。

除外すべきキーワードは、関連性の低いキーワードや表示回数が多いのにコンバーション率が低いものなどでしょう。

これらを除外するだけでも広告効果が上がり、Amazonスポンサーブランド広告の最適化に大きく繋がるはずです。

キャンペーンの関連性を高める

消費者がせっかく広告をクリックしてくれても、その先のページが消費者の望む結果ではなかった場合、すぐに離脱してしまいます。

キャンペーンの関連性を高め、ユーザーが広告をクリックしたときのリンク先ページが、期待を満たしていなければ売上向上には繋がりません。

Amazonスポンサーブランド広告では、キャンペーンの関連性を高める事を意識する事が非常に重要となるのです。

広告配信実績を分析する

Amazonセラーセントラルから、スポンサーブランド広告の広告配信実績を確認する事ができます。

Amazonセラーセントラル>広告レポート

広告レポートを確認し、キーワードの選定や除外登録を行えばよりスポンサーブランド広告の最適化が図れます。

キーワードのマッチタイプ

Amazonスポンサーブランド広では、ターゲティングをする際にキーワードが必要になります。

このキーワードのマッチタイプが広告の最適化のためには非常に重要となり、「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」の3パターンから適切なタイプを選ぶ必要があります。

なお、類語や同義語、タイプミスなどは対応していないので、必要があればそれぞれ設定しなければなりません。
フレーズ一致の場合は、フレーズ間のスペースの有無でも別キーワードとして考えらるので注意しましょう。

在庫を切らさない

広告配信を行う上で大前提となるのが「在庫を切らさない事」です。

当たり前の事かもしれませんが、Amazon広告において在庫切れは特に問題となります。

スポンサーブランド広告では在庫が切れても自動で広告が止まることはないので、もし在庫切れの商品があった場合に無駄な広告費を使うことになってしまうのです。

せっかく広告を配信していたものが無駄にならないように、くれぐれも在庫管理には注意したいところです。

Amazonスポンサーブランド広告の活用方法

前述したようにスポンサーブランド広告では、キーワードターゲティングと商品ターゲティングが可能でした。

商品ターゲティングはさらに「商品ターゲティング」とカテゴリーターゲティングに分けることができます。

スポンサーブランド広告はブランドの認知向上はもちろん、コンバーション数増加による売り上げアップにも期待できる広告配信方法です。

なので、ブランドの認知を目的とする場合は

  • 一番売れている商品ページにスポンサーブランド広告をかける
  • 高い評価が多い商品ページにスポンサーブランド広告をかける

といった方法が有効活用できます。

全ての商品をそれぞれスポンサーブランド広告で出すよりも、圧倒的に効果があるのでおすすめです。

さらに広告のリンク先はブランディング向上のためにも、商品の詳細ページではなく専用のストアページに流したほうが良いでしょう。

Amazonに自社ブランドとして登録していれば専用のストアページが作成できるので、ストアページの作成も済ませておきましょう。

スポンサーブランド広告の場合は特にストアページに流す事で、コンバーション率が高くなる傾向にあります。

スポンサーブランド広告に比べるとスポンサープロダクト広告経由の方が売上げは上がりますが、クリック単価としてはスポンサーブランド広告の方が割安だと言えます。

Amazonスポンサーブランド広告のノウハウはまだまだ出回っていないので、今こそスポンサーブランド広告を活用するチャンスなのです。

最後に

Amazonスポンサーブランド広告の特徴と活用方法、最適化のためのコツとは?について解説しました。

Amazon広告は3種類ありますが、それぞれの特徴を知る事でより効率的に広告を配信し売上を伸ばす事ができます。

特にAmazonスポンサーブランド広告はブランドの認知度を上げていくのに適した広告ですから、この事をしっかりと認識した上で配信するようにしましょう。

Amazon広告の利用は軽視できないマーケティング戦略だと言えます。

売上アップはもちろん、ブランディングにも有効な手法ですので、積極的に活用していきましょう。

AMAZON SELLER CENTRAL EC運営代行のご案内

Amazon EC・通販の運営代行

 
 
 

 

ネットショップ運営で、こんなお悩みありませんか?

  • Amazonサイトを立ち上げるため、ゼロから準備を任せたい
  • お問い合わせ対応が多く、リソースが足りていない
  • 代行を依頼したいけど、今のシステムは乗り換えたくない

これらの課題を全て解決いたします!

Amazonセラーセントラルの立ち上げ 立ち上げが意外と大変な業務です。お客様自身の立ち上げが必要ですが、サポートいたします。
化粧品・健康食品・サプリメント等
カスタマーサポート代行
定期商材・リピート・サブスクへの販売戦略・価格設定など複雑なアマゾンの仕組みをサポートします。運営はお任せください。
販売戦略 Amazonセラーセントラルを立ち上げたとしても価格設定や広告などをどうすればいいのかお任せください。
お客様へのフォロー クロスセルにつなげる施策があります。また、得意とするSNS戦略を立案します。
商品のアピール 商品アピール画像・動画・YOUTUBERの活用なども当社の得意とするWEBマーケティングのノウハウを共有します。(お客様から情報をご提供いただき、打ち合わせしながら最終版を作成いたします)
成功報酬制度 御社の売上の一部が当社の売上となります。同じ船に乗った販売戦略をアマゾンで打ち立てます。
注文受付センター運営 お電話やメールでの受注センターを構築
 
 

2つのポイント

成功報酬制 (例 売上の10%)予算や規模、クライアント様個々の要望に合わせてプランをカスタマイズします。
手厚い運営体制でサポート     当社がアマゾンでの販売をすべて代行します。
 
 
 
様々なEC管理画面に対応楽天、Yahoo!などモール管理画面の操作から
カートシステム、一元管理システムなど
ご利用中のシステムで運営代行します

対応実績
対応実績4社、様々な商材に対応、豊富な実績を活かしてご提案します。

  • 化粧品・健康食品・サプリメント
  • アパレル
  • 食品・スイーツ
  • 家電製品
  • その他:雑貨、家具、日用品、介護用品、造花、カー用品 など
  • アパレル
 
 

導入事例

化粧品・サプリのリピート通販企業様

アパレル系楽天受賞ショップ様

アウトドアショップ運営企業様

 現在はまだ規模が小さい事業だからこそ、新規のお客様とは密に打ち合わせをし、オーダーメイド型で条件などもご相談させていただければと思います。

WP(ワードプレス)を使うためのレンタルサーバー比較



月額990円(税込)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

WordPress専用サーバーの比較

WordPress専用サーバーの選び方

WordPress専用サーバーは、WordPress用に設計・最適化されたサーバーです。
WordPressのサイトはファイルサイズが大きいため、低スペックのサーバーだと表示速度が遅くなったりサイトが重たくなる場合があるので、高速化と安定化の機能が充実していて多くのアクセスに強いサーバーがおすすめです。


エックスサーバー wpX Speed

  • WordPress専用に最適なチューニングがされた、超高速クラウド型レンタルサーバーです。
  • 最高性能CPUの「AMD EPYC」と512GBの搭載メモリ、さらにSSDの性能を最大限に発揮する接続インターフェース「NVMe」を採用し、従来のオールSSD環境よりも大幅に速度が向上しています。
    また、「nginx・HTTP/2・PHP-FPM・サーバーキャッシュ」機能などの技術を導入することにより、非常に高速で安定性が高く、大量のアクセスにも耐えられる高い負荷耐性があります
  • アカウントごとにサーバーリソースが確保される設計になっており、一般的な共有サーバーのように他ユーザーの影響でCPUやメモリが圧迫されないので、常に安定したサイト運用が可能です。
  • プランは任意に変更することができ、負荷検知の通知設定と自動プランアップの設定ができる「オートスケール」機能も搭載しています。

運営元:エックスサーバー株式会社
無料お試し期間:なし

※プランはW7まであります。
※年払いではなく、月々の自動引き落としになります。
※料金は時間制(契約開始時点から)となっていますが、上限金額を参考にしていただければ問題ありません。
※時間制で影響が出るのは、月の途中から契約した場合やプランの変更をした場合などです。
料金と機能 W1 W2 W3 W4~
月額料金
(上限金額)
2円/時
(1,320円)
4円/時
(2,640円)
8円/時
(5,280円)
16円/時~
(11,000円~)
初期費用 無料 無料 無料 無料
ディスク容量 200GB 300GB 400GB 500GB~
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限
メールアドレス 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 無制限 無制限 無制限 無制限
WordPress
設置可能数
無制限 無制限 無制限 無制限
phpMyAdmin
無料独自SSL
転送量の目安 2.5TB/月 3TB/月 3.5TB/月 4TB/月~

公式サイト 独自ドメイン取得サービス:レンタルサーバー エックスサーバー


カゴヤ・ジャパン WordPress専用サーバー

  • 最新データセンターを自社で運営し、レンタルサーバーやクラウドサービス事業で20年以上の実績があるカゴヤ・ジャパンのWordPress専用サーバー。
  • WordPressで非常に高いパフォーマンスを発揮する、プライム・ストラテジー株式会社の高速仮想マシン「KUSANAGI」を標準搭載しています。
  • ブロガー・医療クリニック・士業・ECサイトなど、業種に併せたWordPressテーマを購入することができ、法人や初心者の方でもクオリティの高いサイトをすぐに始めることができます。

運営元:カゴヤ・ジャパン株式会社
無料お試し期間:なし

※年払いではなく、1ヶ月単位での支払いになります。
※1契約につき1サイト(1ドメイン)になります。
料金と機能 グレード1 グレード2 グレード3 グレード4~
月額料金 440円 990円 2,200円 4,400円~
初期費用 無料 無料 無料 無料
ディスク容量 20GB 40GB 60GB 100GB~
マルチドメイン × × × ×
メールアドレス × × × ×
WordPress
設置可能数
1個 1個 1個 1個
phpMyAdmin
無料独自SSL
転送量の目安 200GB/日 200GB/日 200GB/日 200GB/日

公式サイト:カゴヤ

おすすめのレンタルサーバーと比較一覧表

趣味の個人サイトや小規模アフィリエイトサイトにおすすめのレンタルサーバー

ロリポップレンタルサーバー エコノミー
年間1,320円(月あたり110円)で利用できる、非常に人気の高い格安プランです。
他の格安レンタルサーバーと比べても安定性が高く実績もあるので、「とにかく費用は抑えたいけど安心して利用できるサーバーを使いたい」という方におすすめです。

しっかりと集客したいサイトやブログ、商用サイト、アフィリエイトサイトにおすすめのレンタルサーバー

レンタルサーバー エックスサーバー
最新CPUのAMD EPYC RomeとオールNVMe SSDストレージによる非常に快適なサーバー環境、各種高速化機能と高い安定性、ディスク容量300GB~、マルチドメイン無制限、転送量の目安も多く、月あたり990円からでコスパも良いなど、多くのアクセスを集めたいサイトにとって文句のないレンタルサーバーです。
本格的にブログやアフィリエイトサイトなどを始めようという方は、このサーバーを選べば間違いないと思います。エックスサーバーは著名なサイトやブロガーさんも好んで利用しているレンタルサーバーで、2021年現在の国内シェアで1位にもなっています。
ロリポップレンタルサーバー スタンダード&ハイスピード
スタンダードプランは、年間6,600円(月あたり550円)で利用できる高性能サーバーで、ディスク容量200GB、マルチドメインは200個、転送量の目安も700GB/日とかなりの余裕があり、複数のサイトを運営する場合にもおすすめです。
また、アクセスの急増が見込まれる時に、同時アクセス数を拡張する機能も利用できます。ハイスピードプランは、オールSSDストレージと高速Webサーバー「LiteSpeed」の採用し、速度と安定性を追求したハイスペックサーバーです。
同時アクセス数の制限値が無制限になっており、アクセスが集中した場合でも安心してサイト運営をすることができます。
他社の高性能レンタルサーバーと比べて料金が安く、初期費用も無料なので、ロリポップレンタルサーバーの中でも1番おすすめのプランです。
レンタルサーバー エックスサーバー
WordPressが常に高速で快適に動作するように設計されたレンタルサーバー。
超高性能CPUの「AMD EPYC Rome」と、SSDの処理性能を引き出す次世代の接続インターフェース「NVMe」を採用。
さらに、PHPプログラムの処理速度を向上させる「PHP-FPM」など、WordPressサイトで必須の高速・安定化・負荷耐性にかかわる様々な技術を導入しています。
「運営するのはWordPressサイトだけ&超高速のハイスペックサーバーを使いたい」という方におすすめです。



ダイレクトメール事業の完全撤退について

当社のかつてからの本業とするところであったダイレクトメール事業、この事業はコンスタントに収益を得ていた業域でした。しかし、コロナ禍の影響を強く受けました。

顧客先である、宴会場、ホテル、学校のオープンキャンパス活動、旅行案内などすべてが大きなダメージを受ける産業で、新たなイベントなども縮小を余儀なくされ、顧客獲得などの広告費が大幅に削られる状況でした。

当社としましては売上の基盤が完全に失われたこともあり、新規事業へと舵を切った戦略をとることになりました。幸いにも、昨年夏からスタートしたECが軌道に乗り始めたこともあり、コロナのマイナスの影響を少しですが補うことができる体制となりました。

歴史ある事業を撤退することは大変心苦しい決断でしたが、コロナの影響を最小限に抑えることを最優先する決断となりました。

長い間お世話になりました取引様には、この場をお借りしてお礼を申し上げます。